今すぐ何とかしたい臭い玉

今すぐ何とかしたい臭い玉
その他こんな悩みありませんか?
口臭の悩み
口臭の悩み
口臭の悩み

こんなお悩みありませんか?

様々なケース(写真)

そもそもなぜ臭い玉ができるの?その3大原因とは?

【原因1】悪玉菌とタンパク質が浸入

残ったタンパク質が悪玉菌の栄養に(図)

  1. 口呼吸をしているとゴミ・ホコリ・悪玉菌自体がどんどん入ってきます。
  2. 鼻が悪い方は後鼻漏によって、口腔内に悪玉菌が入ってきてしまいます。
  3. 悪玉菌の栄養は、お口に残ったタンパク質です。歯磨きができない口の粘膜(頬の内側等)にタンパク質が残ります。食べカスだけでなく、新陳代謝でお口の中からもタンパク質が剥がれ落ちます。これが、悪玉菌の栄養となってしまいます。野菜の多い食生活の場合には、繊維質が自然にお口の中のブラッシング作用を行いますが、野菜が少ない、特に肉の多い食事の場合には、このブラッシング作用が働かず、口腔内にタンパク質がたまりやすくなります。

【原因2】口が乾燥し悪玉菌が繁殖しやすい。

口腔内が乾燥し悪玉菌が繁殖しやすい

口が乾燥すると口臭がひどくなることはご存知のとおりです。口の乾燥の原因は以下のようにいくつも存在します。

  1. 口呼吸(鼻づまり、口の筋肉の衰え、口が開く癖など)
  2. 薬の副作用(口が渇く薬を飲んでいる方)
  3. 体質・体調(もともとの体質の他にも、年齢や季節によるものなど)
  4. 更年期(女性の場合には更年期で口が渇く方が多い)

乾燥して痛んだ口腔内の皮膚は善玉菌は住みにくく、逆に悪玉菌が繁殖しやすい環境となります。

【原因3】睡眠不足やストレスで免疫力が低下し、悪玉菌が侵入する。

ネバネバした唾液で悪玉菌に抵抗できない

唾液自体に免疫作用がありますので、唾液が減少すると、悪玉菌に抵抗できません。また、唾液にもネバネバ系とサラサラ系の唾液があり、サラサラ系の唾液がでていないと悪玉菌は繁殖します。よって、緊張やストレスが多い時や夜中はネバネバ系の唾液しかでないので悪玉菌が繁殖しやすく、臭い玉もできやすいことになります。

舌苔で舌磨きをしすぎて後悔

口臭が悪化した

口臭が悪化した

小さい頃から臭いには人一倍敏感だったため、いつも口臭を気にしていました。硬めの歯ブラシをつかってゴシゴシとやると、全部の味蕾が逆立って赤くなってしまいました。やりすぎたところは血が出て、舌がヒリヒリしました。その後から、舌を磨いているにもかかわらず白い舌苔が以前よりもつきやすくなってしまいました。当然臭いもきつくなりました

(東京都 男性 28歳 無職)※個人の感想です。

磨きすぎは逆効果。

自分で取ろうとして穴が広がり臭い玉が酷くなる人が急増中!

綿棒を使った人の体験談を読む

臭い玉をできやすくした

喉に異物感があるのを感じ何度か経験しているので臭い玉が口の中にあるなっと思い。色々して取ろうとしたのですが取れそうで取れない、鏡で見ても白い異物は見当たらないのでちょっと奥の方かなと思い近くにあった綿棒を使い傷つけないようにして取ろうと試みました。結果、綿棒では取れませんでした。ですが「おえ~」となった際に出てきました。 臭い玉(膿栓)ができやすい方は経験したことがあると思うのですが、喉に異物感があるのを感じ、うがいなどをするがまだ取れないので綿棒で試みる。実際綿棒で取れることもあります、それは鏡で見える範囲での話でそれ以外で無理して取ろうとすると後々悪化していくこともあります。私自身そうでした、無理して綿棒で取ろうとしていたせいで喉を傷つけさらには臭い玉をできやすくして、毎日の日常に気を使いながら生活することになりました。

(大阪府 男性 31歳 会社員)※個人の感想です。

臭い玉を自分で取ると・・・穴が大きくなり、臭い玉が増え、逆効果。
では、病院で吸収する?→原因はそのまままた出てくる!→では手術する?→切るのはいや!
そこで原因を解決するために誕生!

今すぐ何とかしたい臭い玉